Smacker Video Technology

Advanced Smacker Playback

Smacker 再生は、簡単に実行することができます。ファイルを選択して [Play] をクリックするだけです。

ただし、Smacker には、ムービーの再生をカスタマイズするための多数のオプションが用意されています。これらのオプションは、Smacker の高度な再生画面から指定できます。Smacker の高度な再生画面にアクセスするには、最初に Smacker ファイルを選択してから、[Advanced play] ボタンをクリックします。[Smacker Player] ウィンドウが表示されます。下図の各セクションをクリックするか、次の表のリンクをクリックすると、それぞれのヘルプ トピックにジャンプします。このページの下部にあるヒントのセクションも参照してください。

表示に関するオプション バッファリングに関するオプション オーディオに関するオプション 再生に関するオプション

[Smacker Player] ウィンドウ

再生に関する設定

[Loop the playback:]: ムービーを繰り返しループ再生するように Smacker に指示します。ループ回数を指定することも、回数を指定せずに Esc キーを押すまでムービーを無限にループさせることもできます。

[Use this frame rate:]: ムービーの再生時に、特定のフレーム レートを使用するように Smacker に指示します。通常、フレーム レートは指定しません。指定しない場合、ムービーは最も速いレートで再生されます。

[Show a playback summary]: 再生が終了すると、要約ウィンドウを表示します。この要約には、スキップされたフレームの数、入出力デバイスの速度、Smacker の各部分の再生に要した時間の割合など、すべての有用な情報が表示されます。再生時に問題が発生した場合、この情報から解決方法を見つけることができます。

[Don't skip frames]: フレームをスキップしないように指定します。ビデオが遅れ始めると、オーディオのスキップが開始されます。

[Show frame numbers in caption]: このボックスをオンにすると、実行時、Smacker ウィンドウのキャプションバーにフレーム番号が表示されます。

[Don't pause when focus is lost]: 通常は、他のウィンドウに切り替えると、再生が一時停止の状態になります。このボックスをオンにすると、再生が続行されます。一部の DirectDraw ドライバでは、ウィンドウ表示が正しくクリッピングされません。このため、ビデオが分断されることがあるので注意が必要です。

[Blitting style:]: アニメーションを画面に表示する方法を制御します。Windows では、いくつかの方法でグラフィック イメージを表示することができます。デフォルトでは、この設定は [Automatic] になっています。この場合は、最速の表示タイプが使用されます。Smacker で使用された表示タイプは、再生の要約ウィンドウで確認することができます。320 x 200 または 320 x 240 のアニメーションを再生する場合は、このオプションを使用して、アニメーションを全画面モードで再生することができます。

[No blit acceleration]: このオプション (No DirectDraw) を指定すると、組み込みの高速ブリッティングは使用されません。ブリットを高速化するには、DirectDraw をインストールする必要があります。この場合、ビデオは再生されますが、高速化は行われません。Smacker は、8 ビットまたは 16 ビット カラー表示上の等倍ブリッティングおよび 2 倍ブリッティングを高速化します。

[Palette control:]: Smacker ファイルにおけるパレットの処理方法を指定します。デフォルトでは [Remap if necessary] に設定されており、通常はこれを変更する必要はありません。[Remap to system] を指定すると、ムービーが現在のシステム パレットに再マップされます。これは、適切なパレットがすでに設定されている他のアプリケーションからプレイヤーを実行する際に便利なオプションです。このオプションを指定すると、パレットの変更に伴う点滅が発生しません。[Never remap] を指定すると、パレットは再マップされません。このオプションは、Smacker ファイルで中央の 236 色だけが使用されている場合にだけ設定します。

[Resolution:] このプルダウン メニューで、Smacker ムービーを再生する Windows デスクトップの解像度を選択します。[Current] (現在の解像度。切り替えなし)、[640x400]、[640x480]、[800x600]、および [1024x768] の選択肢があります。

オーディオに関する設定

[Play tracks:]: 再生するオーディオ トラックを選択します。Smacker では、一度に複数のサウンド トラックを再生できます。このため、この値は、トラック番号ではなくマスクとして指定します。再生するトラックを指定するには、次の表を参照してください。再生する各トラックの番号を加算し、このフィールドに入力します。

トラック 1 = 1 を加算、トラック 2 = 2 を加算、トラック 3 = 4 を加算、トラック 4 = 8 を加算、トラック 5 = 16 を加算、トラック 6 = 32 を加算、トラック 7 = 64 を加算

つまり、トラック 3 と 5 を再生する場合は、「20」(4 + 16) を入力します。

[Use DirectSound]: 再生時に DirectSound を使用するように Smacker に指示します。DirectSound がインストールされていない場合は、標準の Windows サウンド ドライバが使用されます。

[Sound only]: ビデオではなく、アニメーションでサウンドを再生するように Smacker に指示します。

バッファリングに関する設定

[Preload the entire file into memory]: すべてのビデオ データがメモリにロードされます。これにより、読み取りにかかる時間をなくすことができます。

[Fill read ahead on file open]: ムービーを先読みするために割り当てるメモリの大きさを制御します。バッファが大きいほど、入出力が遅いことが原因でフレームがドロップされる危険性が少なくなります。デフォルトでは、ビデオ内のフレームで最も負荷が高い 1 秒間が使用されます。

[Total memory to use for the read ahead buffer]: アニメーション再生のバッファリングに使用する追加メモリの大きさを指定します。このオプションは、アニメーションを再生する負荷が高い場合にだけ使用します。ほとんどの場合は、デフォルト値が最適な設定です。

[Simulate this read speed]: このフィールドに入力した再生レートをシミュレートします。このオプションを指定すると、CD-R ディスクに実際に書き込むことなく、アニメーションが CD-ROM でどのように再生されるかをテストできるため、便利です。この値は、1 秒あたりのキロバイト数ではなく、1 秒あたりのバイト数で指定します。このため、倍速 CD-ROM をシミュレートする場合は 300000 を指定します。

表示に関する設定

[Screen position and scaling:]: 拡大/縮小の設定だけでなく、画面の左および上部のオフセットを選択することができます。拡大縮小の指定には、負の値を使用することができます。たとえば、-2 を指定すると、ムービーが 2 倍の大きさで再生されます。-1 を指定すると、画面全体に拡大されます。整数の係数 (2 倍または 4 倍に) で拡大すると、整数以外の係数で拡大する場合よりも処理が高速になります。

[On 2x zoom:]: 2 倍に拡大するように指定したアニメーションがどのように表示されるかを制御することができます。

  • デフォルトでは [Doubled pixels] に設定されています。この場合、各ピクセルが複製されます。

  • [Interlaced pixels] に設定すると、幅方向のピクセルは 2 倍になりますが、高さ方向のピクセルはインターレース、つまり 1 走査線おきに 2 倍になります (テレビのような外観)。インターレース モードでは 2 倍モードよりも処理が高速になります。ただし、ブリッティングの高速化と DirectDraw が必要です。

  • [Smoothed pixels] に設定すると、ビデオを拡大する際にピクセル間が補完されます。スムーズ モードでは、拡大されたビデオがなめらかになりますが、他のオプションよりも処理が遅くなります。また、8 ビット モードでは 64 K、16 ビット モードでは 128 K の RAM を追加する必要があります。このモードを実現するには、ブリットの高速化と DirectDraw が必要です。また、Smacker はパレットの変更時に大量のデータを生成しなければなりません。そのため、多くのパレットを含むビデオにはこのオプションを適用しないでください。

[Height scale:]: ファイルを特定の拡大モードで再生するように Smacker に指示します。たとえば、デフォルト、インターレース、2 倍、なしなどのモードがあります。通常、このオプションは、Smack の実行中に高さを圧縮して作成されたファイルに使用されます。それにより、実行時に、異なる拡大オプションを高さに適用することができます。

[Win Style]: 再生ウィンドウのスタイルを制御できます。[Title bar and border] (タイトル バーと境界を表示)、[Thin border / no title bar] (細い境界を表示、タイトル バーなし)、[No title bar or border] (タイトル バーと境界を表示しない) から選択することができます。また、ウィンドウを常に上に表示することもできます。

[Disable:] ビデオの再生中に、特定の入力キーをオフにすることができます。

ボタン

再生オプションの設定が完了したら、[Play] ボタンをクリックして Smacker ファイルを表示します。

すべての設定をデフォルト値に戻す場合は、[Defaults] ボタンをクリックします。

[Set as Quick] ボタンを使用して、現在の Smacker 再生オプションをクイック再生のオプションとして設定します。クイック再生モードは、Explorer で Smacker ファイルをダブルクリックした場合、圧縮中にプレビューする場合、または RAD のメイン ウィンドウで [Play] ボタンをクリックした場合に使用されます。

ヒント

  • CD-ROM に書き込む前にデバイスの速度をシミュレートするオプションを使用します。このオプションを使用すると、CD-R を作成する前に、アニメーションを簡単にテストすることができます。等速 CD-ROM をシミュレートする場合は 150,000 を、倍速 CD-ROM をシミュレートするには 300000 を指定します。
  • RAD のメイン ウィンドウの [Analyze] ボタンを使用して、データの急増および帯域幅全般の使用率を監視することができます。分析ウィンドウでは、ファイルを再生することなく、Smacker ファイルに関する多くの情報を得ることができます。「1 秒間の平均値」が目標のデータ レートを上回ると、フレームがスキップされる可能性があります。アニメーションのデータ レートが目標のデータ レートを大きく下回った場合は、再度圧縮することによって質を高めることができます。
  • CD が高速で CPU の速度が遅い場合は、[Expert] サブタブで [extra buffer size] の値を大きくします。こうすると、高速の CD-ROM により、CPU の能力を超えてデータを読み取ることができます。バッファのサイズが大きくなるにつれて追加による効果は小さくなるため、この値を大きくした場合は、必ず再生のテストを行ってください。
  • パレットの変更を監視します。2 つのまったく異なるアニメーションを結合したときなど、パレットを切り替える必要がある場合は、Smacker が新しいパレットをロードする際に色が少し点滅します。この影響を最小限に抑えるには、最初のパレットを使用して全体が黒のフレームを追加し、2 つめのパレットを使用して全体が黒のフレームをもう 1 つ追加します。これにより、アニメーションがスムーズに移行します。また、最初のパレットを少しずつ黒くしていき、2 つめのパレットを黒から少しずつ明るくしていくと、アニメーションをきわめてスムーズに移行させることができます。
  • オーディオとフレームのスキップ: サウンドは、ビデオにおいて非常に重要な役割を果たします。このことに疑いの余地はありません。サウンドは、感情に訴えかけるという点において、ビデオよりも重要です。ユーザーは、ビデオの問題よりも、サウンドの問題に早く気が付きます。

    このため、Smacker では、ビデオよりもオーディオの再生に重点を置いています。ビデオを十分な速度で再生できない場合、Smacker はビデオのフレームをスキップしてオーディオに遅れないようにします。フレーム レートが 1 秒あたり 15 フレーム以上である場合は、1 つまたは 2 つのフレームがスキップされても通常は気が付きません。

    ただし、重要なフレームがスキップされる可能性もあります。たとえば、後続フレームのバックグラウンドを作成するフレームなどです。この問題を避けるには、再生ウィンドウを最新表示するキー フレームをアニメーションの中に作成してから、Smack を実行します。もちろん、フレームがスキップされないアニメーションを作成するほうが効果的です。スキップされるフレームの数を少なくするには、圧縮率を小さくするか、再生速度を遅くします。フレーム レートを遅くした場合は、サウンド ファイルのミックスを実行し直します。

  • 小さな Smacker アニメーションは、あらかじめロードします。アニメーションのサイズが小さい場合は、ファイル全体をメモリにロードすることで最適な速度を実現できます。
  • パフォーマンス: マシンでビデオを正常に再生できるようになったら、通常は再生速度が次の優先事項になります。再生速度を高めるには、ビデオ カード、CD-ROM ドライブ、CPU の 3 つの要素が必要です。ビデオ カードは、再生速度を高めるために最も重要な要素です。ビデオ カードの速度が遅いと、Smacker の処理速度が速くても意味がありません。Smacker は、常にビデオ RAM の処理を待つ必要があります。

    次に重要な要素は CD-ROM です。CD-ROM と聞くと、すぐに回転速度のことを思い浮かべるのではないでしょうか。実際、CD-ROM の転送速度が速いほど、Smacker の再生速度は向上します。

    CPU の速度も再生に影響を与えますが、ビデオ カードほどではありません。このため、最初はビデオ カードの購入を検討してください。Smacker は 386 MHz 以上の CPU をサポートしていますが、Pentium 以上の CPU 向けに最適化されています。

    Win95/98 および NT では、簡単に再生することができます。Windows で使用可能なビデオ カードは Smacker でも使用できます。Smacker では、Win95/98 および NT に組み込まれている DIBSections を使用して高速再生を維持しています。このため、他のソフトウェアは必要ありません。ただし、Windows 3.x で再生するには追加ソフトウェア WinG が必要なので、少し面倒です。このソフトウェアを使用すると、ビデオ カードへのアクセスが高速化されるため、Smacker のパフォーマンスは劇的に向上します。Windows 3.x で再生する前に、WinG をダウンロードしてインストールします。

    すべてのバージョンの Windows で、Smacker アニメーションは自動的に再マップされます。これは、Smacker アニメーションに Windows 互換のパレットを含めるためです。通常は、この点について考慮する必要はありません。ただし、パレットをマップする色 (近い色) が見つからない場合は、アニメーションの外観が多少変わる可能性があります。この問題が発生した場合は、圧縮時または変換時に、Windows 互換のパレットを含む入力ファイルを再マップします。