Bink Video!

Advanced Bink Playback

Bink 再生は、迅速かつ簡単に実行することができます。ファイルを選択して [Play] をクリックするだけです。ただし、Bink には高度な再生用のオプションが多数あります。Bink の高度なオプションにアクセスするには、Bink ファイルを選択して [Advanced play] ボタンをクリックします。次のウィンドウが表示されます。下図の各セクションをクリックするか、次の表のリンクをクリックすると、それぞれのヘルプ トピックにジャンプします。

ボタン 表示に関するオプション バッファリングに関するオプション 再生に関するオプション オーディオに関するオプション

[Bink Player] ウィンドウ

再生に関する設定

[Loop the playback (blank for infinite):]: Bink ムービーを繰り返しループさせます。ループ回数を指定することも、回数を指定せずに Esc キーを押すまでムービーを無限にループさせることもできます。

[Use this frame rate (blank for fast):]: ムービーの再生時に、指定したフレーム レートを使用します。通常は、このオプションでフレーム レートを指定することはありません。その場合、ムービーは可能なかぎり速いレートで再生されます。

[Show a playback summary]: 再生が終了すると、要約ウィンドウを表示します。この要約には、スキップされたフレームの数、入出力デバイスの速度、Bink の各部分の再生に要した時間の割合など、すべての有用な情報が含まれています。この要約は、再生時に問題が発生した場合に不可欠です。この統計データから問題が発生している領域を特定することができるためです。

[Show runtime playback statistics]: これは Bink で最も便利な機能の 1 つです。このボックスをオンにすると、ビデオ ウィンドウの上部に、再生に関するランタイム情報が表示されます。このデータは再生中、定期的に更新されるため、要約ウィンドウよりも便利な機能であると言えます。I/O バッファ使用率も含めたランタイム情報を見るだけで、再生時の問題を簡単に見つけることができます。バッファが空になると、フレームのスキップが開始されます。Bink には、フレーム番号、現在のフレーム レート、I/O バッファ使用率、解凍時間、ブリッティング時間、読み取り時間、および直近 1 秒のデータ レートが表示されます。

[Don't skip frames]: フレームをスキップしないように指定します。ビデオが遅れ始めると、オーディオのスキップが開始されます。

[Don't pause when focus is lost]: 通常は、他のウィンドウに切り替えると、再生が一時停止の状態になります。このボックスをオンにすると、再生が続行されます。注意: 一部の DirectDraw ドライバでは、ウィンドウ表示が正しくクリッピングされません。このため、ビデオが分断されることがあります。

[Clear outside window to black]: ウィンドウを中央に配置し、境界をすべて黒で表示します。

[Planes:] このプルダウン メニューを使用して、表示する色平面を指定します。「フルカラー」(デフォルト)、[force greyscale] (処理時間が少し速くなります)、[swap Y for alpha] (輝度平面の代わりにアルファ平面が描画されます)、および [show alpha only] (アルファ平面がモノクロ モードで描画されます) から選択することができます。

[Hide Windows mouse cursor in the Bink window]: このボックスをオンにすると、Bink ウィンドウの境界内ではマウス カーソルが非表示になります。

[Full-screen:]: このプルダウン メニューから、全画面モードを指定することができます。全画面モードおよび色深度は、ビデオ カードや DirectDraw ドライバによってはサポートされていないことがあるので注意してください。使用する解像度と色深度の両方を選択することができます。多くのビデオ カードでは、特定の解像度と色深度でのみ高速ビデオ再生を実行できます。

[Blitting style:]: このプルダウン メニューから、ビデオ フレームを表示する際に使用するブリッティング技術を選択することができます。Bink では YUV (正確には YCrCb) という色空間が使用されています。この色空間は、表示する前に RGB に変換する必要があります。デフォルトでは、この変換はソフトウェアによって行われ、DIBSections によってフレームが描画されます。

YUV を RGB に変換する Bink 製ソフトウェアを使用することができますが、高性能なビデオ カードが搭載されている場合、この処理はビデオ カードで行うことができます。ただし、サポートされている YUV フォーマットはビデオ カードによって異なります。たとえば、一部のビデオ カードでは、16 ビット RGB フォーマットについて 565 や 555 がサポートされています。このため、Bink は、YV12、YUYV、YUY2 という 3 種類の YUV サーフェスへの変換をサポートしています。ほとんどのビデオ カードは、これらの YUV フォーマットのいずれかをサポートしています。

ビデオ カードでは、YUV データを表示する際に 2 つの技術、つまりオーバーレイとブリッティング変換が使用されます。

オーバーレイは魔法のように見えます。これは、通常のデスクトップ上をフロートするハイカラーのサーフェスで、ハードウェア ウィンドウのようなものです。オーバーレイを使用すると、一部のビデオ カードでは 256 カラー モードのままでハイカラーのデータを表示できます。使用中のビデオ カードでサポートされている場合、オーバーレイは Bink ビデオを表示するのに最適な方法です。ただし、オーバーレイには、Bink ムービーを正常に表示できなくなるバグが含まれていることがあります。このバグが発生していることが疑われる場合は、ソフトウェア ブリッタを使用して、ビデオが正常に表示されるかどうかを確認してください。

ブリッティング変換とは、データが画面にコピーされるときにピクセルを YUV カラーから RGB フォーマットに変換することです。ほとんどのビデオ カードでは、古いビデオ カードであっても、ハードウェアによるブリッティング変換がサポートされています。通常は、拡大縮小も行うことができます。それでも、必要であれば Bink の内部ソフトウェア モードにフォールバックできます。

オーディオに関する設定

[Play this sound track number:]: 再生するオーディオ トラック番号を選択することができます。オーディオ トラックで最初にミックスした際に設定したものと同じ番号を選択します。

[Use waveOut for output]: DirectSound ではなく、古い waveOut サウンド ドライバを使用するように指定します。このオプションは、古いサウンド カードまたは不安定なサウンド ドライバが搭載されているマシンで指定します。

バッファリングに関する設定

[Preload the entire file into memory]: このボックスをオンにすると、すべてのビデオ データがメモリにロードされます。これにより、読み取りにかかる時間をなくすことができます。

[Don't use multi-threaded I/O]: ファイルの入出力をバックグラウンド スレッドで行わないように指定します。通常は、このオプションを操作する必要はありません。ただし、CD-ROM ドライバが古く、ビデオがスキップされる場合は、最初の対策としてこのボックスをオンにしてみてください。

[Memory for read ahead buffer]: ムービーの先読み用に割り当てるメモリの大きさを制御します。バッファが大きいほど、入出力が遅いことが原因でフレームがドロップされる危険性が少なくなります。デフォルトでは、ビデオ内のフレームで最も負荷が高い 1 秒間が使用されます。

[Don't fill in open]: ファイルのロード時に、先読み用のバッファがすべて使用されることがないように指定します。このオプションを使用すると、ムービーの再生をすぐに開始できます。ただし、ムービーの初めのほうでフレームがスキップされる危険があります。

[Simulate this read speed]: このフィールドに入力した再生レートをシミュレートします。このオプションは、ビデオが CD-ROM でどのように再生されるかを CD-R ディスクに実際に書き込むことなくテストできるため、便利です。この値は、1 秒あたりのキロバイト数ではなく、1 秒あたりのバイト数で指定します。このため、倍速 CD-ROM をシミュレートする場合は 300000 を指定します。

表示に関する設定

[Screen position and scaling:]: このオプションでは、拡大設定に加えて、オフセットおよび画面の幅と高さを指定することができます。拡大縮小の指定には、負の値を使用することができます。たとえば、-2 を指定すると、ムービーが倍の大きさで再生されます。-1 を指定すると、画面全体に拡大されます。ほとんどのビデオ カードにはビデオ アクセラレーション機能が含まれており、ビデオを拡大して再生することができます。ハードウェア ブリッティングまたはオーバーレイ機能がない場合でもビデオを拡大することができますが、その再生速度は非常に遅くなります。

[Scaling] このオプションは、Bink ソフトウェアのいずれかのスケーリング モードを強制的に使用する場合に指定します。通常は、ムービーの圧縮に使用されたスケーリング圧縮機能を使用します。ファイルのデフォルト値を高さ 2 倍、高さ 2 倍インターレース、幅 2 倍、幅および高さ 2 倍、幅 2 倍、高さインターレースに上書きすることができます。また、実行時のみのオプションとして、等倍インターレースもあります。等倍インターレースは、低速マシン向きの設定です。インターレースで出力されますが、ブリッティング CPU 時間を半分に短縮することができます。

[Win Style]: 再生ウィンドウのスタイルを制御できます。[Title bar and border] (タイトル バーと境界を表示)、[Thick border / no title bar] (太い境界を表示、タイトル バーなし)、[No title bar and border] (タイトル バーと境界を表示しない) から選択することができます。また、ウィンドウを常に上に表示することもできます。

[Disable:] ビデオの再生中に、特定の入力キーをオフにすることができます。

ボタン

再生オプションの設定が完了したら、[Play] ボタンをクリックして Bink ファイルを表示します。

すべての設定をデフォルト値に戻す場合は、[Defaults] ボタンをクリックします。

最後に、[Set as Quick] ボタンを使用して、現在の Bink 再生オプションをクイック再生のオプションとして設定します。クイック再生モードは、Explorer で Bink ファイルをダブルクリックした場合、圧縮中にプレビューした場合、または RAD Video Tools のメイン ウィンドウで [Play] ボタンをクリックした場合に使用されます。